文字

【あいうえお練習】動機が大事

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。

我が家の息子、しつこいですが幼稚園の年長さん。来年の小学校入学に向けていろいろ気になってくることがたくさん。

その中でも、1年生が始まってスムーズに授業に入っていけるように文字の練習なり、数字計算の練習の準備をさせているご家庭もたくさんあると思います。

そもそも入学前に文字・計算は必要か?

これが一番気になるところですよね。これは正直わからないですよね。今と昔とでも大きく違いもあるでしょうし。のんびりした地域に住んでたら、何も問題なくてもわりと教育熱心なエリアだと何もさせずに入学させると置いてきぼりくうみたいな状態になることもあり得ますよね。

こればっかりはこれ!!という正解がないのが一番しっくりくるかもしれません。

”何もしない”は本当になにもしないこと?

とは言え、幼稚園の段階で文字が書ける子はかなりの割合を占めているんじゃないでしょうか。そういうことを積極的にやらせる幼稚園もありますしね。

私の考えとしては、幼稚園の段階では興味もないのに”強制的”にやらせるのは違うかな~とは思います。文字を書くことだけが目的となり、必死こいてワークブックなどをごりごりやらせるのは、最初はいいけど後で苦しくなるパターンかな、、、、と。

じゃあ、野放しで何もしなくていい!!という考えではありません。”何もしない”ということは、完全に何もしないということではないと思います。表向きはそうですが、子供がそのことに興味を持つようにする努力は必要かなぁと思います。

文字であれば、やはり読み聞かせですよね。インプットの量が多いことは無敵なように思います。文字がかけるかけないは、ある意味一瞬で習得できるけど、読み聞かせ本を読むということはどうしても時間を要します。1冊しか読んでない子が100冊読んだ子に追いつくのはとてつもないことです。

文字の練習をごりごりさせるより、誰よりも本を読んで、、、その結果文字は一瞬で書けるようになる!!でいいんじゃないかなぁ~と思います。

実際に息子がこのパターンでした。まだ文字を書いてない時は、周りを見て少し焦るんですよね。でもそこで焦ったら負けですね。我が子のペースは我が子のペース。

幼稚園児にとって手紙は文字を書く最大の動機

文字を書くことって、何をするにも基本なんですが、手段でしかないんですよね。書道家になるのならば別ですが。それ以外は、あくまで手段。文字を書くこと自体が目的ではないんですよね。何かをするために文字を書く必要性がある。

なので、ひたすら

あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ

い、い、い、い、い、い、い、い、い

とワークに練習して、ここが短いとか、はねが甘いとか言っちゃったりするのもどうなのかと、、、、(笑)

その先の何かにすごく才能があるかもしれない子を、こういうルーチンワーク的なことで芽を摘む可能性もなくはない、、、、ですよね。

ワークを練習するのであれば、誰かにお手紙を書いて文字を書く練習とするのが一番いい気がします。子供からしたら、目的は手紙を書くこと。その中で文字の練習にもなる。これでいいような気がします。(もちろん子供本人がワークなどをやりたいと言えばやらせればいいと思います!実際に我が息子も、自分からしたい!と言うので、勝手にやらせてます)

あと、日記や記録なんかもいいですよね。男の子ならば、乗った電車の記録を書くとか。カメラで写真をとって、電車の名前と、そこに何かひとことかけそうならひとこと。

 

今より”あとのび力”が大事!我が家の息子もZ会しいています

 

いろんな方の子育て情報が満載です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


育児・男の子 ブログランキングへ