ロボット・プログラミング

ロボット教室が気になってきた

投稿日:2017年7月8日 更新日:

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。

最近よく耳にする言葉、”ロボット教室”、”プログラミング教室”。とういうのも2020年より小学校でのプログラミングが必修化されるからです。それに備えて、ロボット教室やプログラミング教室というものが増えてきているのではないかなぁと思います。

 

実はSEだったトミプラ母ちゃん

元々、工学部を出て、SE=システムエンジニアだったトミプラ母ちゃん、プログラミング必修化ということを聞いて、、、なんともざわざわしています(笑)

小学校でプログラミングって誰が教えるの!?プログラミングをする=PCにコードを打ち込むで終わらない!?小学生なので、コードを打ち込むことはないでしょうが、そういう状態になりそうな(笑)要はプログラミング教育をするそもそもの目的を見失わない!?とも思ってしまいます。

文系を出てもシステムエンジニアなりプログラマーになる人って山ほどいるんですよね。つまり、プログラミングはやろうと思えば誰でもできるということですね。(相当専門性の高いものは除きます)

経験のある先生に指導してもらいながら学ぶならまだしも、小学校の先生が教えるのかな?それだと、先生も大変だし、授業するので精一杯でおわっちゃいそう。

授業としてしておけばいいだろう~形としてとりあえずやっておけばいいいだろう~的なことではない!?

 

論理的思考は必要、だけどPCやタブレットが必ず必要でもない

プログラミング教育をする上で意識されるのは、論理的思考だと思います。論理的思考は、トミプラ母ちゃんもとっても大事だと思います。IT関係でなくとも必要だと思います。

その論理的思考はプログラミングをしないと身に着けることができないのか?というと、まったくそんなことはないように思います。

取っ掛かりをよくするためにPCやタブレットを使ってというのはわかりますが、そういうものを使うことで満足して終わりということになりそうな気もしなでもないです。机の上でよく考え、手を動かし、時には他者と議論する。そもそもプログラミングをすること自体が目的になってしまってはいけないと思います。それをすることで何ができるか、その先に何があるのか、そこを見据えないといけないのではないかなぁと感じます。

 

ロボットを動かすためのプログラミング

プログラミングをする目的は様々ではあります。子供にとって一番わかりやすいのはロボットかなぁと。先に、プログラミングをガシガシするより、ロボットから入って、そのロボットをプログラムで動かす。これの方が自然の流れなような気がします。

そもそもプログラミングは、もともと手動でしていたものを自動化するためにするためのものなので、子供が実際に学ぶ時だって目的が必要だと思います。

そういうものの入り口としてロボット教室でも探そうかな~と思い探してみました。

子供自身がどれだけ食いつくかというのが一番の問題なので、体験レッスンがあるところはないかなぁと探していたら、ヒューマンアカデミーで子供のロボット教室をしていました。全国1000か所でやってるようなので、家からも近くでありそう!!

あくまでならいごとなので、合う合わないもあるとは思いますがやってみないとわからないですからね。

 

 

いろんな方の子育て情報が満載です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


育児・男の子 ブログランキングへ

 

 

 

-ロボット・プログラミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Z会にもプログラミング講座がある!

プログラミング授業の導入に伴い、色々と対策を初めているご家庭も多数あると思います。以前ご紹介したボードゲームや知育ゲームなどでプログラミングに必要な論理的思考を養うというやり方、プログラミング教室に通 …

ゲームや遊びでプログラミング対策!ラッシュアワーで論理的思考を養う

2020年の小学校プログラミング授業導入に伴い、プログラミングを意識する親御さんがたくさんいらっしゃると思います。習い事として習いに行くには、ハードルが高すぎる。かと言って、家で教えることもできない。 …

4歳からプログラミングが学べるボードゲーム『ロボット・タートルズ』

2020年に小学校でプログラミングが必修化されます。それに伴って、早いうちからプログラミング対策をされている親御さんもたくさんいらっしゃるかと思います。習い事としてのプログラミング教室なども増えてきて …

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。
かわいいかわいい息子とふざけて笑って、時に厳しく向き合います!
詳しいプロフィール