レジャー

子連れ帰省を成功させる時間つぶし工夫

投稿日:2017年12月17日 更新日:

帰省のシーズンが近づいてきています。年末年始はただでさえたくさんの人が慌ただしく移動する中、子連れで帰省するのは、なかなか大変なことです。家族全員で帰省するならまだいいのですが、ママと子供(たち)だけで帰省するとなると、それなりに準備も必要になってきます。

 

帰省する手段によって対策は様々

出展:写真AC

住んでる場所と帰省先の場所によって、帰省する手段は様々です。飛行機、新幹線、在来線特急、車などでしょうか。手段が変われば、所要時間も大きく違いがあると思います。飛行機は乗ってる時間は比較的短くても、子供の気分転換に少し場所を変えたいと思ってもなかなか難しいです。車になると、家族しかそこには乗車していないので、泣いても気にすることはないのですが、時間が長かったり渋滞に巻き込まれたりという可能性があります。

手段によって、工夫する部分が大きく変わってくると思います。今回は、新幹線の移動での工夫をご紹介していきたいと思います。

 

年齢によって工夫するポイントが変わってくる

出展:写真AC

0~1歳の子連れ帰省の工夫

実家から遠く離れて暮らしている方にとって、0~1歳くらいの赤ちゃん子育て中の時は実家に帰ることが待ち遠しくて仕方なかったりもすると思います。しかし、油断できないのが帰省の移動中。0~1歳頃は、まだママさんも慣れていなかったりもして、ドキドキもすると思います。それでいて、0~1歳だと、なかなか色々なことをコントロールするには難しい年齢です。できる限りの工夫をして、帰省を乗りきることをオススメします。

✅赤ちゃんが寝そうな時間帯に合わせて乗車する

✅帰省シーズン限定のお子様連れ専用車両を利用する

✅普段使い慣れた小さなおもちゃを準備する

これくらいの年齢の赤ちゃんは、”寝てくれる”のかそうでないかで大きくかわってきます。寝てもらうための工夫としては、普段寝そうな時間帯に合わせて乗車すること、抱っこひもなどで寝やすい雰囲気を作る、授乳後だと寝やすいならば、乗車後授乳をして眠りに誘導するなどです。

出展:写真AC

この年齢だと、寝るか寝ないかの2択のような状況ですが、寝てくれたらバンザイ!もし寝てくれそうにないなら、席を離れてデッキ部分で気分転換をしたり、普段使いなれてるおもちゃで遊んだり、絵本を読んで過ごしたりするのがいいかもしれません。

あとは、帰省シーズン限定の東海道新幹線ファミリー車両などを利用すると安心感増します。

 

2~3歳の子連れ帰省の工夫

赤ちゃんの時期を超え、歩けるようになりおしゃべりもできるようになってくる年齢です。コントロールができない赤ちゃんの年齢を超えたので、一見少し楽になるかと思いきや、経験上ではこの年齢の頃が一番大変だったように感じます。

というのも、赤ちゃんの時代は(それぞれの性格にもよりますが)わりと寝ていてくれるんです。しかし、2~3歳くらいになるとそんなに都合よく寝てくれなくなるんですよね。逆に普段と違うという意味で興奮状態になり全く寝る気配もなかったりします。なので、このくらいの年齢が、一番対策が必要だったように感じます。

✅ごはんの時間に合わせて乗車する

✅おやつを食べさせる

✅おもちゃ(シールブック、おりがみ、塗り絵など)を準備する

✅気分転換にデッキ部分へお散歩

✅ごみ捨て当番をまかせる

この年齢になったら車内でごはんを食べれるような時間帯に乗車することが必須です。ごはんを食べて、ほんのちょっとでも時間稼ぎという感覚です。この時、手軽に子供が手で食べられるもの選ぶといいですね。そうすることで、ママもほんの少し間でも落ち着けると思います。

食べた後はゴミが出ると思います。これすら利用して下さい。この年齢の頃は、任されることでとてもうれしい気持ちになります。「〇〇くんにごみ捨て当番を任せるよ!!」と言って、楽しい気持ちにしてあげると少しでも気分よく時間を過ごせると思います。任せると言っても、捨てる場所まではもちろん一緒に行って下さいね。

出展:写真AC

おもちゃの定番としては、シールブックです。迷うことなくできて、音もしない、ある程度の時間が過ごせるので、これは必須で用意していたほうがいいかもしれませんね。用意するときは、乗車するときまでヒミツにしておくことです。あとは、ぬりえおりがみセットなどです。

この年齢になると、とてつもなく泣いたりということがだいぶ無くなってきていたりもするのですが、おしゃべりができるので、「まだ着かないの?」とはっきり言葉で言ってきたりりもします。その流れでグズグズしだす場合があるのです。その時は、おやつを食べさせたり、少し車内をお散歩して気分を紛らわせてあげましょう。

 

4~5歳の子連れ帰省の工夫

4~5歳くらいになると、各段に楽になってくる年齢だと思います。男の子だと電車好きな子は、電車に乗るだけでワクワクしてくれる子もいます。3歳くらいまでの準備や工夫がほとんどいらなくなってくる年齢です。

✅ごはんの時間に合わせて乗車する

✅おやつを食べさせる

✅好きな本、ゲームなどを持参する

この年齢でもやはりごはんの時間に合わせて乗車するのがベストだと思います。たくさん食べる子であれば、新幹線のお弁当など大喜びで食べてくれると思います。

新幹線E7系弁当

出展:http://www.nre.co.jp/ekiben/tabid/236/pdid/E551/brnid/73/Default.aspx

あとは、持ち運びができるようなすごろくのようなボードゲームや、オセロおでかけどうぶつしょうぎなどもオススメです。

 

楽天トラベル

いろんな方の子育て情報が満載です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


育児・男の子 ブログランキングへ

-レジャー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018GWゴールデンウィーク穴場子連れスポット情報

新学期が始まったと思ったら、もうGWゴールデンウィークです。2018年は、4月28日(土)からスタートし、5月6日(日)までの9日間です。間の1日(火)、2日(水)が平日です。1日は学校がお休みのとこ …

【伊豆 石花海(せのうみ) 】子連れにうれしい露天風呂付き客室とおいしい料理

先日、息子と夫の3人で伊豆へ温泉旅行へ行ってきました。宿泊したのは、稲取温泉 石花海(せのうみ)。露天風呂付の客室で、料理もクオリティーの高さに大満足。    お宿の雰囲気が抜群 玄関を入る …

GW子連れ穴場おでかけ情報2017

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。   あっという間にもうすぐGW。新年度が始まった!!と思ったら、すぐにGWなのでいつも準備不足に終わりがちです。 今年は、計画的に動ければと思っています(笑)   …

ディズニーランドへ行く時にオススメ!家族でインスタ映えTシャツ

4月15日から東京ディズニーリゾート35周年ハッピーセレブレーションが始まります。行かなきゃ!行かなきゃ!とまたまた思ってしまいます。   子連れディズニーランドへ行く時に持っていくもの 子 …

夏休みにレゴランドジャパンに行ってきた!小学校低学年にオススメ

  この暑い暑い夏休み。暑い暑い名古屋にあるレゴランドジャパンへ行ってきました。ワンデイパスや食事などが高い!などと様々な意見があるようですが、実際にはどんな感じかレポートしたいと思います。 …