入学準備

小1の壁は厚いのか?薄いのか?

小1の壁

来年度新入学のお子さんをお持ちの方はそろそろ入学に向けて色々準備をしていると思います。最近よく耳にする”小1の壁”という言葉があります。実際のところ”小1の壁”とはどれほどの壁なのでしょうか?そして、どういう対策を取ればいいのでしょう?今日は”小1の壁”について書いてみました。

小1の壁って何?

そもそも”小1の壁”という言葉はよく聞くけど、一体何なの?という方もいらっしゃいますよね。

共働き家庭にとって子供が小学生になると、学童問題、親の負担などが増えてしまうことを言います。

子供が小学生になることにより、これまでは保育園に預けてを何とか乗り越えられていたものが、乗り越えられないような状況に陥ることです。

では、何故乗り越えることができない恐れがあるのか?次に続きます。

小学生になることで変化すること

実際、保育園時代と小学生になってからとでは、何がどう変わって、何が大変になるのでしょうか?

学童保育・夏休みの学童

小学生になると、授業のあとは学童保育での活動となります。そもそも希望通り学童に入れるのか?という問題もあります。さらに、入らたとしても公営の学童保育となると時間が短い場合もあります。実際、息子の学童保育は、長期休暇中の学童保育の開始時間が9時です(現在9時から8時半に変更になりました)。この時間では、フルタイムで働いている方にとっては厳しい時間となってしまいます。

こういった時間的な問題に仕事の融通をつけられない場合は、民間学童に頼ることになると思います。学童保育の激戦地区になると民間学童をとりあえず押さえておくという方もいらっしゃると思います。やはりこのあたりの準備はかなり大事になります。

さらには、子供自身が学童保育に行きたくなくなってしまうという問題があります。周りにいる友達であったり、その子自身の性格であったり理由はそれぞれだと思いますが、ある時から行きたくないという状態になることは十分にあり得ます。

1人での登下校

小学生になると基本的に子供だけの登校をすることになります。集団登校があればいいのですが、集団登校がない学校もあります。その時に、一人で登下校できるのかしら??と不安に思う方もいらっしゃると思います。

この問題は、親が不安なのか?子供が不安なのか?にもよると思います。子供が不安な場合は、できる限り子供が納得いく日まで送り迎えをすればいいのではないでしょうか?大変ですが、ここを無理して他に支障がでては元も子もありません。親が不安な場合、、、、子供はそれほど不安に思ってなければ、元気よく見送るのみです。

但し、冬など日が暮れてからの下校などは、お迎えに行くなりそれなりの対策は必要です。

学校行事

小学校に入ると学校の行事が、、、とおっしゃられる方もいると思います。学校にもよるかと思いますが、最近では授業参観などは公開授業という形にして、数日間どの授業を見ても構わない方式にしている学校もあったりします。

平日に行われるものは、家庭訪問、個人面談、保護者会などでしょうか?これらは、時間に都合をつけるしかない行事でもあると思います。

そして、問題はPTAです。こればかりは、学校によっても負担が異なったり、一緒に活動する他の保護者によっても異なると思います。

プリントの多さ

小学校に入学して衝撃を受けるのが、プリントの多さです。入学間もない頃は、記入して提出するようなものがとっても多いです。ただ、その時期を超えるとそこまで提出が必要なプリントというのは、減っていきます。その代わり、これ必要??と言ったプリントが増えてきます。こればかりはどんなに嫌と言っても配られてしまうので、日々の生活に習慣化させて大事なプリントとそうでないものを整理していく癖をつけるしかないです。

宿題・持ち物のチェック

保育園時代にはなかったもの、宿題です。今は、音読の宿題が必ずあったりします。音読を聞いて、保護者のサインをしなければならない学校も多いと思います。算数の宿題などは、親が丸つけをしてサインをします。

仕事から帰って、ごはんを作って食べさせて、その上で宿題を見てとなるとクタクタを超えてクタクタです。少しでも楽に行うためにこれも習慣化させるしかありません。

小学生になると、ある人にとっては楽、ある人にとっては大変

小学生になると楽になると感じる方も多いと思います。実際、入学間もない時期を乗り越えると、子供自身もしっかりしてきて親の手からどんどん離れていってるようにも感じます。

やはり、フルタイムの共働き家庭にとっては大変なのではないかと思います。保育園時代と違って諸学校は義務教育。そういう観点からも何かプレッシャーに感じてしまうこともあるかもしれません。

すべてのことをカバーし、すべてのことを完璧にすることは不可能です。上手に優先度をつけて、やり方を工夫したり、他者に頼めるものは他社に頼むことも必要です。

 

育児をされている方のブログ情報もあるので参考にして下さい!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

育児・男の子 ブログランキングへ