小学1年生の過程学習&取り組み

好き嫌いにどう対応する?嫌いを意識すると嫌い認定される

小さいお子さんがいらっしゃる方の悩みの一つに”子供の好き嫌い”があると思います。何とか克服してほしい!とか学校の給食までには!とか親御さんは様々な対策をされていると思います。

我が家の息子も、ほんの少しだけですが好き嫌いがあります。息子の好き嫌いへの付き合い方をご紹介したいと思います。

 

子供は苦味と酸味を感じやすい

大人とは違って、子供はピーマンやネギなどの苦味、トマトの酸味を感じやすいようです。大人的には、「あのピーマンの苦味がおいしいのに!!」と思ってしまいますが、子供からしたらちょっとした苦味ではなく、とてもとても苦く感じているのかもしれません。

確かに、ピーマンの苦味が今の何倍も苦かったらあまり食べたいとは思はわないかもしれません。

このように嫌いになる要素がある以上、調理で工夫したり食べる時の工夫をする以外方法はないのかもしれません。

 

そもそお嫌いなものがあるのはおかしいの?

親になるとついつい子供の好き嫌いに目が留まってしまいます。幼稚園や保育園の給食、小学校にあがってからの給食があるので、完食できるようにしておかないとという思いからという方が多いと思います。

確かに、小学校になると、〇〇分以内に完食できないとダメ!というルールがあったりします。

息子の小学校でも給食の時間が決まっています。しかし、昔と違っているな~と感じるのは、食べる前に予め自分で量の調整をすることができるようです(学校や担任の先生によって方針は違うかもしれません)。その時に、嫌いなものでも一口だけでも食べるよう声かけをしていたりしているようです。

昔と違って強制はあまりされないようになってきているように思います。

それを考えると、嫌いなものに対して、どうしても食べさせなきゃいけないという考えも昔ほど強くはないようにも思います。

実際、大人になってみると、嫌いなものがあるからと言って、成長に影響するものがあったのか?
何か困ることがあったのか?特にないと答える人の方が多いのではないでしょうか?

 

嫌いのものを”嫌い認定”すると嫌いになる

我が家の息子にも少しですが、嫌いなものがあります。一番よく耳にするのがきゅうりです。同じような系統ですいかも嫌いなようです。

きゅうりが嫌い!すいかが嫌い!と言われても、こちらとしては特に食べないことで困るようなタイプの食材ではないので、正直どっちでもいいかな~というスタンスでした。これが、給食に毎回でてくる牛乳とか、パンが嫌いとかだと確かに悩むかな~とは思います。

 

ただ、子供が嫌いと言ったものや、どうやら嫌いそうかな??と思ったものを、わざわざこちらが嫌い認定はしないようにはしていました。嫌い認定すると親も子もその嫌いなものへの執着心が高まるように感じます。

仮に子供が嫌い!と言っても、「今日は嫌いなんだ~」くらいで流した方がいい場合もあります。その中で、本当に嫌いなものと、何となく嫌いなものは区別すべきだと思います。

嫌いと思い込めば思い込むほど嫌いになります。きっと人の好き嫌いも一緒だと思います。ただし、本当に嫌いなものには、この対応は無理かもしれません。

 

どうしても、学校給食があるから嫌いなものを克服してほしいという親心が生まれるのですが、嫌いなものが出た日は完食できなくても、嫌いなものが一つも出なかった日は完食できた。そのことを強く褒めてあげればいいです。

 

 

 

【ランドセルトラコミュ】 にほんブログ村テーマ ランドセルのことへ
ランドセルのこと

いろんな方の子育て情報が満載です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


育児・男の子 ブログランキングへ