育児でおもうこと

早生まれの不安

投稿日:

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。

我が家の息子は早生まれ。しかも本来は次学年だったのに、出産前倒しになっての早生まれ。

幼稚園に入園したころなんて、赤ちゃん感満載でした(笑)

いざ入園したころは?

入園したころは、息子と1ほぼ1年差があるお友達が同じクラスにいるんですよね。

やっぱり差は大きいです!体の大きさは個人差あるので、一概には言えないですが、息子の場合は出産が早まってるせいでもともと小さい。なので、単純に小さいんですよね。

あと、言葉。これも結局個人差はあるんですが、言葉がそもそも遅いから、うまく自分の思ってることを言えなくてお友達に手が出てしまったり、、、などはありました。

そして、トイトレ!これは私自身ちょっとのんびりしすぎたかな~というのもありますが、、、、でも、幼稚園側も必ずパンツで来てください!というスタンスではなく、じっくりゆっくりという感じだったので、息子のペースで行えました。

あとは、運動系ですね~。そもそも息子、歩き出したのが1歳半を余裕で超えていたんですよね。

なので、下手したら歩き出してからの時間が2年近く違う子も中にはいるかもしれません。だとすると、そりゃ筋力やらが違って当たり前なんですよね~~ただ、そういう風に冷静に見れないんですよね。

本人の気持ちは?

実際、早生まれの子供の気持ちはというと、、、、親が何も言わなければわからないんですよね。

誕生日が遅いってことはわかってるけど、だから○○ができるのが遅いという発想にはならないですよね。

自分の誕生日がなかなか来ないことにはぶつくさ言われまくりですが(笑)

ただ、やっぱりできないことが多く悔しい気持ちになることが多いのは確かです。息子の場合ですが。

走るのが遅かったり、運動がうまくできなかったり、本人はこうしたいのになかなかうまくいかない気持ちは4歳でしっかり持ってます。

親の気持ちは?

悔しい気持ちになることが多い息子。

でも、そこでしっかり向き合って、練習できることにはしっかり付き合っていくと必ずできるようになったり、少しだけでも上達するんですよね。

それでもかけっこは勝てなかったりもしますが。

ほんと一段一段という感じなんですよね。ほんと一段一段。

ただ、悔しい気持ちを持って、しっかり取り組んでることをどこか羨ましくも感じます。

同じクラスのお友達の中で、どこかいつも背中をおっかけてる、、、というところからスタートするので、なかなか自信を持つ!という経験がしにくいんですよね。

でも、そこは小さいことでもそれを自信につなげていく。自信の積み重ねなんですよね。

もうすぐ5歳

そんな息子も来年度は幼稚園の年長さん。確実に自信を持てるようになってきてるのを実感します。

そして、入園当初は気になっていた他の子との差もぐんぐん詰めているような気もします。

 

>子育ての悩みが一瞬でなくなる本 [ 本田千織 ]

 

いろんな方の子育て情報が満載です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


育児・男の子 ブログランキングへ

 

-育児でおもうこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

息子も夜泣きしてたなぁ~

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。 我が家の息子は4歳で、もはや夜泣きとは無縁な年齢です。どんだけ寝るねん!!てくらい寝ます。 育児番組とか見てたら夜泣きの話題になってたりすると、そういえば息子も夜泣 …

no image

クラス替えって誰のため!?

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。 今年度も残りわずかとなり、4月からは新しい生活の始まり! 我が家の息子は年長さんとなり幼稚園最後の1年となります。 この時期なんとなくそわそわしだす理由の一つにクラ …

no image

好きなこと得意なことを伸ばす

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。 来年度年長さんになる我が家の息子。 のびのび幼稚園でひたすら遊んでおります(笑) その一方でお勉強系の幼稚園があると、、、、小学校に入学した時のことが気になるのも事 …

no image

子供の騒音

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。 先日、息子の幼稚園のお友達とそのママをおうちに呼んで遊びました。 まぁよくあるようなことですよね。 いつも思うんですが、、、、、、、子供が複数いると音がすごい。息子 …

no image

プログラミング授業もいいけど、自主性を認めるような授業とかあったらいいな~

最近では、すでに2学期が始まっている学校も多いですが、今日で夏休みがほとんどの学校で終わるということで、テレビを見ていると”不登校”というキーワードをよく見かけます。私も子供を持つ親として、いつ我が子 …