素材・サイズから選びたい

横型ランドセルの注意点!購入前に知っておくべきデメリット

横型のランドセル

「横型のランドセルってどうなの?」、「横型のランドセルってどこのブランドで販売されているの?」

こんな風に横型のランドセルが気になるけどどうしよう?と悩まれていませんか。

横型のランドセルは、他のランドセルと比べると異なる点が多いためしっかり吟味して検討することをおすすめします。

この記事では、横型ランドセルに関するメリット・デメリットや販売しているメーカーなどをご紹介していきたいと思います。

横型ランドセルのメリット

横型ランドセルのメリットを見ていきたいと思います。

間口が広く収納がしやすい

横型のランドセルの最大の特徴として、収納がしやすいという点です。

教科書を入れる時に縦型ランドセルの場合は、背表紙が見えません。一方で、横型ランドセルの場合は、背表紙が見えるので収納もしやすいですし、取り出す時にも一目でどの教科書を取り出すかがわかりやすいです。

 

人と違うランドセルを持てる

横型ランドセルを使っている人数はかなり限られます。実際に販売しているメーカーも限られています。

それだけ目立つランドセルであることは間違いないと思います。目立つランドセルを持つといじめが心配という方もいらっしゃると思います。そういう方にはおすすめできませんが、人と違うランドセルを使いたいと思っている場合は、かなりおすすめです。

 

横型ランドセルのデメリット

横型ランドセルのデメリットを見ていきたいと思います。

学校のロッカーに入らない場合がある

横型ランドセルを使う時に気を付けないといけないことは、学校のロッカーに入らない場合があることです。

学校のロッカーのサイズは学校によっても異なると思います。通常の縦型ランドセルであっても、ロッカーのサイズが意外に低くてギリギリという場合もあるくらいです。

また、学校によっては横型ランドセルを禁止しているケースもあるようです。横型を検討する際には注意が必要になるかと思います。

 

カバーが合わない

横型ランドセルを使うと一番困るのがカバーが合わないことです。少し前は、縦型の半かぶせランドセルがこの問題を抱えていました。しかし、半かぶせランドセルが増えてきたことで、それに合わせたカバーの販売も増えてきました。

どうしても困ってしまうケースとして、一年生の間は学校指定のカバーをつけなくてはならない場合があるようです。その際には、横型ランドセルではなかなか対応が難しくなるのではないでしょうか。

 

人とぶつかりやすい

横型ランドセルは横に長いのが特徴です。お子さんの体からはみ出た状態になります。

そうすると、狭い道などを歩いていると、人とぶつかりやすくなります。ただぶつかるだけならまだいいのですが、それにより転んでしまったりけがをしてしまう場合もあるかもしれません。

 

横型ランドセル一覧

横型ランドセルを販売しているメーカーは限られています。実際に販売されている横型ランドセルを見ていきたいと思います。

キッズアミ

横型のランドセル

キッズアミから横型ランドセルが販売されています。画像は女の子向けのデザインのランドセルになりますが、男の子向けのデザインもあります。

女の子は5色展開、男の子は3色展開になります。

詳細情報
価格 61,600円(税込)
重さ 約1,000g
サイズ 内寸:(約) 32×23×11cm
素材 クラリーノ
カラー展開 女の子向け:ピーチブロッサム×ベビーピンク、チョコ×ピンクステッチ、ミラノレッド、ピンクベージュ、サックス×ピンク
男の子向け:ネイビー、クロ×ブルーステッチ、ブラック×ブルーステッチ

◆キッズアミのランドセルはキッズアミ公式サイトで購入できます!
キッズアミ横型ランドセル

 

カザマランドセル

横型のランドセル

カザマランドセルからも横型ランドセルが販売されています。男女兼用のクラシックな雰囲気漂うランドセルです。

詳細情報
価格 49,000円(税込)
重さ 約1,000g
サイズ 【外寸】高さ(A)30cm×横幅(B)34cm×奥行(C)20cm
【オオマチ内寸】高さ(D)24.5cm×横幅(E)31.5cm×マチ(F)11cm
素材 クラリーノF
カラー展開 ショコラ、キャメル、ベージュ

◆このランドセルはカザマランドセル公式サイトで購入できます!
カザマランドセルの横型ランドセル

ヘルツ

横型のランドセル

ヘルツの横型ランドセルです。このランドセルはかなり個性的なランドセルになります。他のものとは素材や重さなどもかなり異なります。

詳細情報
価格 60,500円(税込)
重さ 約2,000g
サイズ 34×26.5×11cm
素材 ラティーゴ(ハードレザー)
カラー展開 キャメル、チョコ、ブラック、グリーン、レッド

◆このランドセルはヘルツ式サイトで購入できます!
ヘルツの横型ランドセル

横型ランドセルのまとめ

横型ランドセルはメリットもありますが、デメリットもあります。かなり注意深く検討が必要なランドセルではないかと思います。

お子様によっては、この横型ランドセルの方が向いている場合もあるので、この記事を参考に検討してみて下さい。