キッズファッション

梅雨でも大丈夫!ママのための雨の日対策グッズ

自転車のレインカバーのソッカ・ノロッカ

子供の送り迎えや、近所のスーパーまで買い物という時に、自転車はママの必須アイテムです。晴れた日は、ママも子供も気持ちよく自転車に乗れますが、やっかいなのが雨の日。買い物に関しては、明日にしよう!ですみますが、幼稚園や保育園の送り迎えはそうはいきません。特に梅雨の時期は、連日雨続きになる時もあります。雨の日でも自転車送迎する際に大活躍するグッズをご紹介します。

自転車レインカバーを選ぶポイント

自転車でお子さんの送迎をするママさんパパさんにとって、大敵となるのは雨の日です。代わりの手段として、徒歩で行ったり、車で行ったり、公共交通を使うことが可能であればいいのですが、それが不可能な多いと思います。

雨の日に、より快適に自転車送迎ができる必須アイテムとなるのが、自転車のレインカバーです。自転車を使う方にとっては、必須アイテムです。

レインカバーを選ぶポイント
  1. とにかく雨が侵入しない
  2. 空間が狭くならない
  3. 乗り降りがしやすい
  4. 常時つけっぱなしOK(前面を開放できる..etc)
  5. 夏の日対策もされている

①は、自転車レインカバーを購入する上で言うまでもない絶対条件です。商品によっては、ファスナー部分からじわじわと侵入したり、カバーの裾の部分がめくれあがってしまうものもあります。

②に関しては、狭い閉ざされた状況を嫌うお子さんがいると思います。ある程度の空間を保てることが、快適さにつながります。

③はとっても重要です!なぜ重要かというと、自転車に乗る際、どこで乗りますか?必ず屋根のある自転車置き場のような場所で乗る事ができればいいのですが、送迎先の幼稚園や保育園にそういった屋根のある場所があるかどうかです。雨の日に自転車に乗る時は、乗る時から雨に打たれているという状況の方が多いと思います。

なので、自転車カバーがついている状態での自転車の乗り降りがどれだけスムーズにできるかがとても重要になるのです。具体的には、レインカバーのファスナーがどこについているのか、どれだけ開くのかなどがポイントになってきます。

④は、実際に使ってみないとピンとこないかもしれません。自転車のレインカバーは常時つけておいたほうがいいです。雨の日だけつけるとなると、すでに自転車が濡れている場合があります。

”常時つけっぱなし”ということは、とにかくつけておけばいいということではありません。雨の日以外はレインカバーをつけた状態でオープンしておけるかということです。つまり、オープンした状態で使用することを考えられて作られているかということです。

⑤は、通気性などが考えられているか、日除けになるようなものがあるかということです。

おすすめのレインカバー!ソッカとノロッカ

最近、街で見かけることが増えてきたレインカバーはこの二つではないでしょうか。ソッカとノロッカです。

使う状況や使う人のことを考えられて作られているのがよくわかるレインカバーだと思います。

soccaソッカチャイルドシートレインカバー

ソッカのレインカバーは、先ほどのおすすめポイントをクリアしているレインカバーです。

ソッカのレインカバーの前面

晴れた日は、前面が解放できるので、風通しもよく快適です。広い空間が保たれているので、乗っている子供も快適です。

ソッカのレインカバーの側面

サイドのファスナーが大きく開くので、乗り降りがしやすいです。自分ではまだ乗り降りがうまくできない小さなお子さんなどは、抱っこして乗せる必要があるかと思います。その際も、これくらい大きく開くと乗せやすいです。雨の日の乗り降りのしやすはとても重要です。

最近、バージョンが新しくなり、日除け対策も充実していて、日除け用のツバが大きくなりました。さらに、芯材を入れることで型崩れしにくくなり空間を広くしっかり保てるようになりました。

 

norokkaノロッカ ぱっと30秒!ポップアップ レインカバー

ノロッカも優秀なレインカバーです。ノロッカで注目してもらいたいポイントは、空間がとても広いということです。写真で見てもおわかりのように、子供の頭上に十分な空間あると思います。ただただ空間が広いだけでは?と思われるかもしれませんが、雨の日のレインカバーの中の湿気のこもった空間を少しでも快適に過ごすことができます。

ノロッカのレインカバーの機能説明

空間が快適なだけでなく、サイドから簡単に乗り降りができます。さらに注目ポイントは、これだけいい商品だと盗難の心配が出てきます。その対策として、専用穴ロックをかけて盗難予防もできます。

ノロッカもご使用のチャイルドシートによっては取り付けにくいものがあります。下記の商品リンクをご参考に確認してください。なお、海外製のチャイルドシートに関しては、ノロッカの海外シート専用モデルが販売されています。そちらも参考にしてください。

 

 

その他の雨の日関連商品

チャイルドシートのレインカバーはバッチリですが、肝心の自転車を運転する大人用のレインカバーなども必須です。

おすすめのレインカバーと前カゴカバーをご紹介します。

20分乗っても大丈夫!完全防備のレインコート

こちらのレインコートは、雨が侵入してこないように細かく設計されています。

まず、丈が長く裾の部分が3角マチになっているので、地面に足を着くときにレインコートが邪魔をしません。首元のガードがしっかりしているので、この部分から雨水の侵入も安心。袖口も二重構造になっているので、まくりあがることもなければ、雨水の侵入も防いでくれます。前の部分は、ファスナーを閉じてさらにボタンで留める二重構造。雨に濡れないことを第一に考えたレインコートです。

バッグも雨水から守る前カゴカバー

 

チャイルドシートレインカバー、ママ用のレインコート、あと大事なのが荷物が濡れないようにすることです。そんな時には、かご用のカバーです。意外にこれを忘れている方が多いです。このカバーがあると、レインコートを常時自転車に乗っけておくことが可能なので、いつ雨が降ってきても大丈夫です。それに、荷物も濡れることがありません。

 

チャイルドシートのレインカバーにしろ、大人用のレインコートにしろ、割と価格的に高めに感じると思います。しかし、それだけの価値があり、それを使うことで少しでも快適に雨の日の自転車に乗ることができます。価格だけを見るのではなく、商品の良さを吟味して検討してみて下さい。

 

育児をされている方のブログ情報もあるので参考にして下さい!! ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

育児・男の子 ブログランキングへ