小学1年生

小学1年生!作文の宿題はどうやって乗り切る!?

投稿日:

小学1年生の2学期ももう少しで終わりつつあります。最近、宿題に出されるようになってきたのが、”作文”です。作文、、、、、親を悩ませる宿題の一つじゃないでしょうか?どの程度フォローすべきなのか、ノーフォローの方がいいのか?などなど迷いが生じます。

こればかりは、正解はないと思います。担任の先生にもよりますし。ということで、自分でこれが正解と思うやり方でするしかないかと思います。実際に、私自身が息子の作文宿題攻略で取り組んでみたやり方をレポートしたい思います。

 

そもそも作文の重要性とは?

最近読んだ本に学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]という本があります。アウトプットの重要性について書かれています。わりとインプットに関しては、コツコツ取り組む人は多いのですが、その先にアプトプットがあるのか?と問われると??な人が多いようにも思います。しかし、アウトプットをしなければ、インプットする意味もないわけです。

アウトプットの手段としては様々ですが、その中の一つに文章としてアウトプットする方法があります。この”文章を書く”という行為も、それが自然とできる人もいれば、苦痛に感じる人もいます。しかし、文章を書くことは基本中の基本。文章の出来栄え次第では、人に何かを訴える時の説得力も左右するかもしれません。

それに、文章が書けるということは、それだけ頭の中が整理された状態であるということ。文章を組み立てることができることが、その先で数学につながったり、プログラミングにも通じるものもあると思います。

 

作文の書き方は家で教えるしかない

小学1年生の間は、どれだけすばらしい作文を書けるかよりも、文章を書くことに慣れさせることの方が重要ではないでしょうか。

学校では、おおまかな作文の構造的なことは授業で話してはいると思いますが、果たしてそれだけで作文が書けるのか?ということです。結局は、家で作文の書き方を教えてあげない限りは、作文は書けないのではないでしょうか。

学校は、勉強を教えてくれる場所という思いがあるので、学校に行けば作文も書けるようになると思いがちですが、意外にそうでもないように思います。

確かに、授業ではやるのですが、そのやり方を詳しく教えてくれるか?というとそうでもないものが多いと思います。例えば、”プールで水に潜る潜り方”、”逆上がりのやり方”、”勉強のやり方”などなど。そのもの自体は教えてくれるのですが、肝心なそのやり方は教えてくれないように思います。

 

実際の作文の宿題は?

実際に出る作文の宿題はどういったものなのでしょうか?これは、学校によっても様々だと思います。出されるタイミングが長期休暇の宿題か日常の宿題かによっても様々だと思います。

我が家の息子の場合は、日常の宿題として出されます。250文字程度の作文用紙です。大人からしたらあっという間にかけてしまう程の文字数です。実際、小学1年生だと書ける漢字も限られているので、大した内容も書けない程度ではあります(笑)

学校の先生から作文を書くに当たり気を付けることを言われていました。

  • ”はじめ”、”まんなか”、”おわり”の構造で書く
  • 書き出しは一段下げる
  • 句点のあとは改行する

このような感じの中で作文を書きます。とりあえず書こうとした息子、、、びっくり仰天なことに、タイトルと自分の名前を書いたあと、”はじめ”と書き始めるではありませんか!!!

”はじめ”、”まんなか”、”おわり”を書くと言われたら、その文字を書くと捉えていました(笑)正直、小学1年生てそんなレベルです(笑)フォローなしに作文の宿題なんてするだけ無駄です。するなら必ず親がフォローをしながら取り組まないと、逆に時間の無駄です。

 

とにかくその話題について話す

とりあえず書かせてみて、それを修正すると、いくら小学1年生とは言え、プライドもあるしやり直し感が刷り込まれて作文が嫌いになります。

その前段階として、とにかく作文のテーマになってる話題について話します。実際に息子の作文のテーマにあったものとしては、学校で行われた展覧会についてでした。その展覧会について話します。最初はインタビュー的な感じで話していると、そのうち気持ちが乗ってきて自分から色々話たくなります。

大事なことは、事実の羅列はいくらでもできるのですが、その時どうだった?どんな気持ち?と言ったことをフォローします。こういった事実があったから、こういう気持ちになったということを子供自身に認識させます。

そして、これらの話を聞きながら、”はじめ”、”まんなか”、”おわり”の構造を親が考えます。そして、それをそのまま伝えるのではなく、あくまで子供自身が書いたと思わせるようにします。

正直、250文字だとそれほどの内容は書けないですが、その中で作文の構造を教えていくと、その先の1000文字2000文字とステップアップしていく時に苦痛に感じないように思います。

 

作文の練習をするのにオススメの教材

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

10分作文らくらくプリント [ 宮川俊彦 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)

本屋さんに行くと、作文の対策本はたくさんあります。

あと、息子が取り組んでいるZ会小学生コースでも、毎月の添削問題の中で必ず文章を書く部分があります。特に点数に関係する箇所ではないのですが、添削先生からそれに対するお返事があります。これを毎月するとしないとでは、差がつくようには感じます。

 

 

【ランドセルトラコミュ】 にほんブログ村テーマ ランドセルのことへ
ランドセルのこと

いろんな方の子育て情報が満載です!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村


育児・男の子 ブログランキングへ

-小学1年生

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

早生まれにオススメ!できたことを視覚化することで子供の自信につながる

お子さんが小さいうちは成長のスピードがそれぞれです。そうだとわかっていながらも、ついつい周りのお子さんとくらべてしまったりすることってありますよね。 ただ、幼稚園・保育園などで学年一括りになってしまう …

小学1年生の夏休み学童保育が終わった

夏休みも終わり2学期が始まろうとしています。我が家の息子の学校も来週より2学期が始まります。夏休みは学童保育で過ごした息子。夏休みの学童保育で過ごしてみて、実際にどうっだかをレポートしてみたいと思いま …

小学1年生(学童)の夏休み勉強計画

夏休みが始まり1週間以上が経過しました。小学1年生の宿題はどれくらいの量なのか、ドキドキしていましたが、思ったより多いようにも感じますし、そうでもないようにも感じます。 夏休みの間、家で過ごすお子さん …

夏休みの学童保育

夏休み中、我が家の息子は学童保育で過ごしています。学童保育の環境や、友達、その子自身の性格によっても学童保育が合う子、合わない子がいると思います。実際に夏休みの学童保育での活動はどのようなものなのか、 …

学校公開で感じた小学1年生に必要な力

先日、小学校に入学して初めての公開授業がありました。息子の学校では、特定の特定の時間に参観を行うのではなく、学校公開と言って数日間の間であればどの日にどの授業を見てもよいという形式で参観を行っています …

こんにちわ、トミプラ母ちゃんです。
かわいいかわいい息子とふざけて笑って、時に厳しく向き合います!
詳しいプロフィール