ランドセルの選び方と豆知識

ランドセルの重さって重要?適切な重さってどれくらい?

ランドセルの重さ

ラン活を始めると気になるのが、ランドセルの重さですよね。ランドセルによって重さが微妙に違うことに気が付くと思います。

実は、ランドセルの重さの違いは素材にあります。素材によって重さがおおまかに決まってきます。

では、本当にランドセルの重さは重要なのでしょうか?そのことも含めランドセル選ぶ際の参考にしてもらえたらと思います。

ランドセルの重さは何できまるの?

そもそもランドセルの重さの違いって何?

それは、、、素材の違いによるものです。

ランドセルの素材には、馬革を使用したコードバン、牛革、クラリーノなどの人口皮革があります。

>>ランドセルの素材に関して詳しく知りたい方はコチラ

3つの素材の違いを一覧表にしました。

重さ 丈夫さ 価格 質感
コードバン 1,400~1,500g 8~10万円 使うにつれて艶がでる
牛革 1,300~1,400g 5~8万円 使うにつれて風合いが出てくる
人工皮革 1,000~1,200g 2~5万円 質感は劣る

ランドセルの重さを比較

コードバン > 牛革 >人工皮革

どの素材を選ぶかで、おおまかに重さも決まってくるのです。

 

適切な重さってどれくらい?

では、ランドセルの適切な重さってどれくらいなのでしょうか?

ズバリ!適切な重さはありません!それより重要なことがあります!

軽いランドセルで約1,000g、重いランドセルで約1,500gです。その差は約500g。小さい子供の体からすると500gの差は大きく感じるかもしれませんが、実際に教科書やノートを入れてしまうとその重さの差が帳消しになります。

それよりも重要なことは、体へのフィット感です!

どれだけ軽いランドセルを背負っていても、体にフィットしていなければ通常よりも重く感じてしまったり、体への負担が大きくなってしまいます。

最近のランドセルは体へのフィット感を考えて作られた構造をしています。その点に注目して見てみることが大切です。

 

重要なのは体へのフィット感

ランドセルの重さよりも重要なことは、体へのフィット感です。どれだけ軽いランドセルを背負っていても、体にまったくフィットしていなければ、ランドセルの重量以上の負担になることもあります。

体へフィットさせるには、、、

  1. 体へのフィット感を意識した構造のランドセルを選ぶ
  2. 実際に使う時に、肩ベルトを適切に調整する

体への負担軽減構造

体への負担を考えてランドセルを作っているのが、天使のはねランドセルのセイバンです。

セイバンのランドセル

↑セイバンのランドセルは、体とのフィット感を考えて肩ベルトにはね形のパーツを内蔵しています。これがいわゆる”天使のはね”です。これがあることで、肩ベルトの立ち上がりがよくなって体にフィットするのです。

高い位置に重心がくることで体にピタっとフィットするのです。

セイバンのランドセル

↑そして、この左右連動の背カンです。右と左が連動して動くのです。連動していないと、片方に負担がかかってしまいます。負担がかかると体のバランスが悪くなってしまうのです。

そして、肩ベルトがどんなお子さんにもフィットしやすい3D肩ベルトになっています。肩ベルトがフィットしていないと、痛く感じてしまう場合もあります。

 

セイバンのランドセル
【2021年度新入学】セイバンのランドセル天使のはねでおなじみのセイバンのランドセル。セイバンは、こどもの姿勢を重視しした子供にやさしいランドセル。早期割引は9月1日まで!選び方やおすすめのランドセルを徹底解説します。...

肩ベルトの長さを適切にする

どれだけ体にフィットする構造のランドセルを使っていても、肩ベルトの長さ調整が適切でなければ意味がありません。

肩ベルトの穴の2番目から試して、背中にピタッとあうところを見つけてみるといいです。

 

軽さだけを求めてはいけない

ラン活をしていく中で、様々なランドセルをチェックすると思います。その中で、重さを確認すると思います。

しかし、重要なのは重さ+体のフィット感です。

軽いランドセルがダメなのではなく、どんなランドセルであろうが体へのフィットを意識した構造であるかをセットでチェックする必要があると思います。