素材・サイズから選びたい

ランドセルの素材の違いを徹底比較!選ぶ時のポイントを解説

ランドセルの素材の解説

ランドセル選びをする時に大事なポイントの一つが”素材”です。昔からよく聞くランドセルの素材は牛革が多いですよね。最近ではクラリーノ(人工皮革)もよく聞くかと思います。

実際のところ、素材が違うと何が違うの?と思われる方が多いと思います。今日は、ランドセルの素材について、特徴や価格の違いなどについて書いていきたいと思います。

ランドセルの素材って何があるの?

ランドセルの素材の説明

ランドセルの素材は主に3種類あります。コードバン(馬革)、牛革、人工皮革の3種類です。さらに、人工皮革は開発した会社ごとに細かく分けることができます。下の図がその説明です。

 

ランドセルの3つの素材の特徴を解説します

ランドセルの素材ごとの特徴を一覧表にしました。

重さ 丈夫さ 価格 質感
コードバン 1,400~1,500g 8~10万円 使うにつれて艶がでる
牛革 1,300~1,400g 5~8万円 使うにつれて風合いが出てくる
人工皮革 1,000~1,200g 2~5万円 質感は劣る

コードバンと牛革は質感や風合いがある一方で、重量があり価格が高いです。

人工皮革はそれらの点を解消するために開発されているので、軽量かつ価格も購入しやすい価格設定になっているものが多いです。その一方で、人工皮革は丈夫さや質感が劣ってしまうという点があります。

 

コードバン

コードバンのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
  • 丈夫で耐久性に優れている
  • 使うにつれ風合いが出る
  • 高品質で高級感に溢れている
  • 価格が高い
  • 重い
  • 耐水性が悪い

 

牛革

牛革のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
  • 丈夫
  • 使うにつれ風合いが出てくる
  • 価格が若干高い
  • 若干重い

 

人工皮革

人工皮革のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
  • 価格が安い
  • 軽い
  • カラー展開が豊富
  • 耐久性に欠ける
  • 質感が劣る

 

人工皮革は、各社独自の製品を展開しています。ランドセルでよく耳にする”クラリーノ”はクラレが開発した人工皮革になります。

天然皮革の性質や特徴を人工的に再現しているのが人工皮革になります。最近では、天然皮革に近いものも開発されているようです。

人口皮革の一覧
開発元 特徴
クラリーノ クラレ 雨や汚れに強く、軽くて丈夫
コードレ 帝人コードレ 軽くて丈夫、通気機能にも優れている
タフガード 帝人コードレ 丈夫で手入れが容易
ベルバイオ5 FILWEL 本革のような質感で傷がつきにくい
エクセーヌクラッセ 東レ 手入れが容易で傷がつきにくい
エヌアール 東レ 耐久性に優れている

 

ランドセルの素材選びのポイント

ランドセルの素材の特徴を踏まえて、実際に選ぶ時にどのポイントを重視すべきなのか解説していきます。

実際に購入されている素材別の割合は?

 

上記は、実際に購入したランドセルのうち素材ごとの内訳はどうなっているのかを示したグラフです。

クラリーノが全体の約40%、牛革が約20%、馬革は5%弱です。やはり、クラリーノの割合が多いようです。

 

素材選びで重視すべきことは?

では、実際にランドセルを選ぶ時に素材をどれほど重視すべきかです。

「牛革がいい!」とか「クラリーノがいい!」という場合は、その方向でランドセル選びを進めればいいと思います。

そうでない場合は、価格設定とランドセルの重さにポイントを置くと自ずと選ぶべき素材が決まってくると思います。

なるべく安価ですませたい、もしくは軽いもの求めるなら人口皮革をおすすめします。特に価格や重さに重きを置く必要のない場合は、質感や丈夫さで牛革をおすすめします。

 

背あてや肩ベルトの素材も様々です

これまでランドセルの素材として紹介してきたのは、かぶせ部分に使われている素材です。

ランドセルの背あて部分や肩ベルトの素材もいくつか種類があります。

ソフト牛革

ソフト牛革は、名前のとおりやわらかいしっとりとした質感の牛革になります。背あて部分や肩ベルトに使用され、お子さんそれぞれの背中にフィットしやすいのが特徴です。

 

エアリー®

エアリー®は帝人コードレ(株)が開発した素材になります。通気性に優れた素材です。背あてに使用することで、蒸れを防いでくれるのが特徴です。

 

ブレスレザー®

ブレスレザー®は東洋紡(株)が開発した素材になります。吸湿と放湿を繰り返す特殊な素材です。べたつかずサラサラした触感が特徴です。

 

ランドセルの素材のまとめ

ランドセルの素材は主にコードバン、牛革、人工皮革の3種類です。それぞれに特徴がありますが、価格と重さが大きく違ってきます。

ランドセル選びの際には、この2点を意識すると自ずと選ぶ素材も決まってくるかと思います。