ランドセルの選び方と豆知識

ランドセルの素材の違いをポイント別に徹底比較

ランドセルの素材の解説

ランドセル選びをする時に大事なポイントの一つが”素材”です。昔からよく聞くランドセルの素材は牛革が多いですよね。最近ではクラリーノ(人工皮革)もよく聞くかと思います。

実際のところ、素材が違うと何が違うの?と思われる方が多いと思います。今日は、ランドセルの素材について、特徴や価格の違いなどについて書いていきたいと思います。

ランドセルの素材って何があるの?

ランドセルの素材はおおまかに3種類に分けられます。コードバン(馬革)、牛革、人工皮革の3種類です。さらに、人工皮革は開発した会社ごとに細かく分けることができます。下の図がその説明です。

ランドセルの素材の説明

 

ランドセルの素材のそれぞれの特徴

ランドセルの素材で、何がどんな風に違うのかを一覧表にしました。

重さ 丈夫さ 価格 質感
コードバン 1,400~1,500g 8~10万円 使うにつれて艶がでる
牛革 1,300~1,400g 5~8万円 使うにつれて風合いが出てくる
人工皮革 1,000~1,200g 2~5万円 質感は劣る

 

天然皮革のコードバンと牛革の重さや価格に対して、人工皮革はその点を解消するために開発されているので、軽量化されていたり、価格も購入しやすい価格設定になっているものが多いです。その一方で、人工皮革は丈夫さや質感が劣ってしまうという点があります。

コードバン

メリット
  • 丈夫で耐久性に優れている
  • 使うにつれ風合いが出る
  • 高品質で高級感に溢れている
デメリット
  • 価格が高い
  • 重い
  • 耐水性が悪い

牛革

メリット
  • 丈夫
  • 使うにつれ風合いが出てくる
デメリット
  • 価格が若干高い
  • 若干思い

人工皮革

メリット
  • 価格が安い
  • 軽い
  • カラー展開が豊富
デメリット
  • 耐久性に欠ける
  • 質感が劣る

人工皮革は、各社独自の製品を展開しています。ランドセルでよく耳にする”クラリーノ”はクラレが開発した人工皮革になります。

天然皮革の性質や特徴を人工的に再現しているのが人工皮革になります。最近では、天然皮革に近いものも開発されているようです。

人口皮革の一覧
開発元 特徴
クラリーノ クラレ 雨や汚れに強く、軽くて丈夫
コードレ 帝人コードレ 軽くて丈夫、通気機能にも優れている
タフガード 帝人コードレ 丈夫で手入れが容易
ベルバイオ5 FILWEL 本革のような質感で傷がつきにくい
エクセーヌクラッセ 東レ 手入れが容易で傷がつきにくい
エヌアール 東レ 耐久性に優れている

 

ランドセルの素材選びのポイント

それぞれのランドセル素材の特徴がおわかり頂けたでしょうか?実際選ぶ際のポイントとしては、何に重きをおくかです。

価格重視なのか?見た目の質感や、丈夫さなのか?手入れのしやすさなのか?などだと思います。

見た目の質感などは、実際に手にとって見てみると違いがよくわかると思います。店舗に出向いて、その点を意識しながら見てみるといいのではないでしょうか。